Paint E-Shop
close
便利menu

外装・外壁塗料【断熱コートEX】

TOP >> 外装・外壁塗料 >> 断熱コートEX

断熱コートEX

種類:トップコートレス1液水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂断熱塗材

社名:東日本塗料株式会社東日本塗料株式会社

商品名 容量 数量 単位 価格  
下塗材 カチオン浸透エポプライマー
(1液水性プライマー F☆☆☆☆)
4kg - ¥4,166
15kg ¥9,309
遮熱サビ止めプライマー
(特殊エポキシ樹脂錆止め塗料 F☆☆☆☆)
6kg グレー セット ¥7,500
18kg セット ¥17,400
上塗材 断熱コートEX トップコートレス1液水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂断熱塗材
10kg ¥

※価格は税込価格になります。
※上記以外の色につきましては別途お問い合わせ下さい。

仕様

商品名 容量 kg/m² 塗装面積 間隔時間(hr)
(23℃)
下塗材 カチオン浸透エポプライマー 4kg 0.1~0.15 1回塗りで26~40m² 2h以上
15kg 1回塗りで100~150m²
遮熱サビ止めプライマー 6kg 0.16 1回塗りで37m² 6h以上
18kg 1回塗りで110m²
上塗材 断熱コートEX 10kg 0.7~1.0
(スチップル状仕上げ時)
2回塗りで10~14m² 4~72h

常備色

画面に表示される色は実際の色とは多少異なりますので、 ご注意ください。
()内は日本塗料工業会番号と合わせた番号となります。
※印は材料費は割高になりますのでご了承下さい。 

日本塗料工業会発行 色見本帳

提案色

D-101
(白)
D-103
(D22-90B近似)
D-105
(D22-85D近似)
D-123
(D19-85C近似)
D-122
(D27-85B近似)
D-102
(D25-90C近似)
D-124
(D22-85D赤目近似)
D-106
(D17-80D黄目近似)
D-104
(DN-87近似)
D-125
(D35-92B黄目近似)
D-108
(D22-85F近似)
D-109※
(D12-50L黄目近似)
D-107
(DN-77赤目近似)
D-110
(D35-80B白目近似)
D-111
(D22-85H近似)
D-301
(N-90近似)
D-220
(DN27-85B近似)
D-221
(DN22-80B近似)
D-302
(D22-70H近似)
D-201
(DN-80近似)
D-200
(DN-85近似)
D-222
(D19-75D赤目近似)
D-303
(D19-70D近似)
D-203
(DN-70近似)
D-202
(DN-75近似)
D-290
(DN-85近似)
D-223
(D19-70黒目近似)
D-294※
(D19-30A赤目近似)
D-293※
(D19-40B黒目類似)
D-291※
(D22-50B近似)
D-270
(D09-60B暗め近似)
D-292※
(D19-50B黒目近似)
     

断熱コートEX 特徴

断熱コートEXは、シロキサン結合とHALS・UVAの複合効果により、トップコート不要の耐候性を実現しました。
優れた断熱・遮熱性能が長期間にわたって維持できます。
断熱コートEXは、従来の断熱コートでは5工程必要とされていた屋根の工法が3工程に短縮できます。

特徴 トップレス・遮熱・外断熱・屋根・内外装・工程短縮・結露抑制・防音

環境配慮型

国土交通省━品確法に関わる6物質
厚生労働省指針13物質
文部科学省基準6物質 非配合

艶消

質感のある艶消です。

防藻・防カビ

藻、カビ等を発生しにくく、建物を守ります。

水性

1液水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂断熱塗材です。

F★★★★

塗料性状
試験項目試験結果試験条件
外観着色粘稠液 
粘度38.000mPa・sBH型粘度計、23℃
密度0.75JIS比重カップ、23℃
貯蔵安定性異常なし20-60℃ 10サイクル
塗膜性能
試験項目試験結果試験条件
鏡面光沢度5以下入射角60度
隠ぺい率(白)90%150μm
伸び率200%23℃
促進耐候性良好S-W-O-M 1,000時間
熱伝導率0.12W/m・Kプローブ法 QTM-D3
耐水性0.18ml JIS A6909透水性B法

適応下地

屋根面

鋼板屋根、トタン、波型スレートに最適です。
※コロニアルへの施工は、塗膜のふくれ、はがれ、建物内部の木腐を生じる可能性がありますので避けて下さい。

一般建築物 内・外壁面

コンクリート、モルタル、PCa板、ALC板、スレート板等、ケイカル板 等
※窯業系サイディング及びALC板の場合、下地の影響によっては、塗膜ふくれ、はがれを生じる可能性がありますのでご注意下さい。
湿気が溜まりやすい部位への施工の場合、脱気盤を使用した特殊通気工法が必要となります。
弾性系スタッコ面の使用は、塗膜ふくれの原因となりますので避けて下さい。

その他

原料貯蔵タンク 等にも断熱コートと同様にご使用頂けます。
※100℃を超えるようなタンクでの使用は避けて下さい。

断熱コートEX 標準工法(屋根面)

適応下地:鋼板、トタン、波型スレート

※コロニアルへの施工は、塗膜のふくれ、はがれ、建物内部の木腐を生じる可能性がありますので避けて下さい。
※トップコート仕上、艶有仕上の場合はスーパートップ遮熱、遮熱シリコントップIIを施工して下さい。

鋼板屋根面:推奨仕様

工程 材料名 使用量/回
(kg/m²)
上塗可能時間(hr)
(23℃)
備考
下塗り 遮熱サビ止めプライマー 0.16 6~48h A液:B=5:1(重量比)の割合で計量、ソルエポシンナーにて0~10%希釈、混合、撹拌後、中毛ローラーハケにて塗布
主材塗り1 断熱コートEX 0.3~0.5 12~72h 水道水にて下記用量希釈し、エアレススプレー<口径0.4mm程度>・プランジャー式または高粘度品塗装可能ダイヤフラム式(3~5%希釈)、またはリシンガン自在タイプ<口径4mm程度>(5~7%希釈)にて塗布
主材塗り2 断熱コートEX 0.4~0.5 12~72h

鋼板屋根面:ローラー仕様

工程 材料名 使用量/回
(kg/m²)
上塗可能時間(hr)
(23℃)
備考
下塗り 遮熱サビ止めプライマー 0.16 6~48h A液:B=5:1(重量比)の割合で計量、ソルエポシンナーにて0~10%希釈、混合、撹拌後、中毛ローラーハケにて塗布
主材塗り1 断熱コートEX 0.3~0.5 12~72h 水道水にて3~5%希釈し、多孔質ローラー(細目)にて塗布
主材塗り2 断熱コートEX 0.4~0.5 12~72h

波型スレート屋根面:推奨仕様

工程 材料名 使用量/回
(kg/m²)
上塗可能時間(hr)
(23℃)
備考
下塗り カチオン浸透エポプライマー 0.1~0.15 2h以上 原液のまま、中毛ローラーハケにて塗布
主材塗り1 断熱コートEX 0.3~0.5 12~72h 水道水にて下記用量希釈し、エアレススプレー<口径0.4mm程度>・プランジャー式または高粘度品塗装可能ダイヤフラム式(3~5%希釈)、またはリシンガン自在タイプ<口径4mm程度>(5~7%希釈)にて塗布
主材塗り2 断熱コートEX 0.4~0.5 12~72h

※各塗料の使用量は標準値です。屋根材の形状(倍率)、下地の状態によって塗回数・使用量が増加する場合があります。

断熱コートEX 標準工法(建物内外壁面)

適応下地:コンクリート、モルタル、PCa板、ALC板、スレート板等、ケイカル板 等

※弾性系スタッコ面への使用は、塗膜ふくれの原因となりますので避けて下さい。

下地面・壁紙面(塩ビクロス):スチップル(小波)状仕上

工程 材料名 使用量/回
(kg/m²)
上塗可能時間(hr)
(23℃)
備考
下塗り カチオン浸透エポプライマー 0.1~0.15 2h以上 原液のまま、中毛ローラーハケにて塗布
主材 基層塗り 断熱コートEX 0.35~0.5 4~72h 水道水にて0~3%希釈し、多孔質ローラー(細目)にて塗布
模様塗り 断熱コートEX 0.35~0.5 4~72h

※壁紙のはがれ、めくれ、浮きぶは専用の接着剤を使用して補修して下さい。
※壁紙の接着力が低下している場合、塩ビクロスの張り合わせなどの端部で塗装後に浮きが発生する恐れがありますので、事前に接着剤で補強(補修)しておくことをお勧めします。

注意点

施工上の注意事項 警告表示

関連商品

備考

東日本塗料株式会社:http://www.hnt-net.co.jp

PDF:断熱コートEX PDFカタログ

PDF:遮熱サビ止めプライマー PDFカタログ