TOP >> 外装・外壁塗料 >> 水系ファインコートシリコン

水系ファインコートシリコン

水系ファインコートシリコン

種類:高耐候性アクリルシリコン樹脂系つや有り塗料
社名:菊水化学工業株式会社

商品名 容量 数量 単位 価格  
下塗材 ソフトリカバリー 水系可とう形下地調整塗材
(F☆☆☆☆)
16kg - ¥2,674
上塗材 水系ファインコートシリコン 高耐候性アクリルシリコン樹脂系つや有り塗料
(F☆☆☆☆)
1kg 艶有 ¥3,240
4kg ¥6,274
16kg ¥
1kg 半艶 ¥3,600
4kg ¥6,943
16kg ¥
1kg 艶消 ¥3,960
4kg ¥7,714
16kg ¥

※価格は税込価格になります。
※用途によって下塗材が省略できます。

ページトップに戻る

仕様

商品名 容量 kg/m² 塗装面積 間隔時間(hr)
(20℃)
工程内 工程間
下塗材 ソフトリカバリー 16kg 0.3~0.6 1回塗りで26~53m² 5h以上 5h以上
0.9~1.5 1回塗りで10~17m² - 5h以上
0.7~1.2 1回塗りで13~22m² 5h以上 5h以上
上塗材 水系ファインコートシリコン 1kg 0.25~0.36 2回塗りで2.7~4m² 5h以上 -
4kg 2回塗りで11~16m²
16kg 2回塗りで45~64m²

ページトップに戻る

常備色

画面に表示される色は実際の色とは多少異なりますので、 ご注意ください。

KN004C KN060B KN060A KN060E KN021D
KN061C KN021E KN021C KN038D KN026D
KN029C KM082D KM122D KM123D KN045B
KN042A KN041C KN042B KN048B KN045A
KM083D KN040A KN030A KN032E KN016D
KM077B KM080E KN016A KB135D KN008B
KN008F KN006F KN042E KN045F KN024E
KN023G      

目的・用途に応じてお好みの艶具合をお選びいただけます。

※その他の色も調色可能ですのでお問い合せ下さい。

艶有 半艶 艶消し

ページトップに戻る

特徴

高耐候性

建物は風雨や紫外線などに常にさらされています。 水系ファインコートシリコンはセラミック成分配合により壁面を劣化させる要因に対して優れた『耐候性』を持った塗膜で住まいを守ります。
水系ファインコートシリコン 高耐候性・高耐久性

耐候性1種 「照射時間2500時間で、塗膜にひび割れ、はがれ及び膨れがなく、光沢保持率は80%以上で、変色の程度がグレースケール3号以上であり、白亜化の等級が1以下であること」という試験基準を満たしています。

工期短縮

水系塗料でありながら密着性に優れ、各種改装下地にシーラー無しで、直接塗装することができます。下塗りが省けるので工期を短縮できます。
水系ファインコートシリコン 工期短縮

低汚染性

塗膜表面の親水性と自浄作用(汚れを雨で落とす機能)で汚れを防ぎます。
水系ファインコートシリコン 低汚染性

透湿性能

高い透湿性能により内部結露を防ぎ、室内の湿気を水蒸気として外部に逃がします。 透湿性設計の建物に最適な塗料です。
注)旧塗膜の下地の透湿性が無い場合があります。
水系ファインコートシリコン 透湿性能

防藻・防カビ効果

見苦しい藻やカビは住む人の健康にも影響する場合があります。
水系ファインコートシリコンは優れた防藻・防カビ機能により、藻やカビの発生を抑え、安心で快適な住空間を維持します。
水系ファインコートシリコン 防藻・防カビ効果

塗り替えバリエーション

塗り替えバリエーション1 塗り替えバリエーション2
塗り替えバリエーション1 断面 塗り替えバリエーション2 断面

ページトップに戻る

用途

  • 住宅、マンション、店舗、事務所、その他一般建築物の内外装及び複層仕上塗材の上塗り

ページトップに戻る

標準工法

工程 材料 調合
(重量比)
所要量
(kg/m²)
塗回数 間隔時間(hr)
(20℃、65%RH)
備考
素地調整 ゴミ、未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とします。
改装の場合 浮き途膜の除去、旧塗膜のチョーキング層、ゴミ、塵埃、油脂分などの付着物を高圧洗浄等で完全に除去して下さい。
高圧洗浄後、下地はよく乾燥させて下さい。
上塗り 水系ファインコートシリコン
主材
16kg 45~64m²/16kg
0.25~0.36kg/m²
2 工程内5以上 ウールローラー
水性平刷毛等
清水 0.8~1.6L

※注 上記の各数値は、全て標準のものです。施工方法、施工条件により各々多少の幅を生じることがあります。

ページトップに戻る

注意点

施工上の要点

  1. 素地の乾燥は、十分行って下さい。(含水率10%以下、pH10以下)
  2. 軽量気泡コンクリート(ALC)面、多孔質下地、コンクリートブロック面、その他素地に巣穴、段差などがある場合は、 キクスイフィラー、キクスイファンデ、ソフトリカバリーなどで適切な下地調整を行って下さい。
  3. 押出成形セメント板、GRC板などは下塗材としてキクスイプライマーEPWをご使用下さい。
  4. 吸い込みのある面、吸い込み差がある面は仕上がりムラになるので、 下塗材等で吸い込みムラをなくしてから、上塗を行って下さい。

注意事項

  1. 施工場所の気温が5℃以下、湿度が85%以上又は結露の発生が考えられる場合は、 塗膜の乾燥過程で種々の欠陥を生ずることがありますので、施工を避けて下さい。
  2. 外部の施工で降雨、降雪のおそれのある場合及び強風時は施工を避けて下さい。
  3. 施工時は、換気を十分行って下さい。

材料保管

  1. 材料は直射日光下及び0℃以下での保管は避けて下さい。

その他の注意事項

  1. 施工器具等の洗浄水が、河川に流出したり、土壌にしみ込まないようにして下さい。
  2. 磁器タイル洗浄用の酸が表面に付着すると変色したり、溶解することがあります。
    磁器タイルの洗浄用の酸が塗装面に付着する可能性がある場合は、必ず塗装面のマスキングを行って下さい。
  3. シーリング材の上に施工する場合、シーリング材の種類により、汚染や密着不良を起こすことがあります。詳しくはお問い合せ下さい。

ページトップに戻る

関連商品

ページトップに戻る

備考

ページトップに戻る