Paint E-Shop
close
便利menu

屋根用塗料【ルーフトン無鉛】

TOP >> 屋根用塗料 >> ルーフトン

ルーフトン

※こちらの商品は、納期に数日掛る場合がございます。
即納ご希望のお客様は、ご相談ください。

種類:ノンカーボン特殊アクリルシリコン樹脂系屋根用塗料(弱溶剤型)
   無鉛アクリルシリコン樹脂系(弱溶剤型)

社名:川上塗料株式会社川上塗料株式会社

商品名 容量 数量 単位 価格  
下塗材 ネオプラマイルド 無鉛速乾性1液変性エポキシさび止め塗料
(弱溶剤形)
4kg ¥
16kg ¥
上塗材 ルーフトン無鉛Aシリコン ノンカーボン特殊アクリルシリコン樹脂系屋根用塗料(弱溶剤形)
14kg 艶有 ¥
ルーフトン無鉛 合成樹脂系
(弱溶剤形)
14kg 艶有 ¥
3kg ¥

※価格は税込価格になります。
※こちらは希釈に塗料用シンナーが必要となります。
※ルーフトンシリーズの遮熱効果を高めるため、下塗にはネオプラマイルド白のご使用をお勧めいたします。

仕様

商品名 容量 kg/m² 塗装面積 上塗可能時間(hr)
(20℃)
下塗材 ネオプラマイルド 4kg 0.12~0.16 1回塗りで25~34m² 4以上
16kg 1回塗りで100~133m²
上塗材 ルーフトン無鉛Aシリコン 14kg 0.11~0.15 2回塗りで46~63m² 6以上
ルーフトン無鉛 3kg 0.07~0.09 2回塗りで17~22m² 24以上
14kg 2回塗りで77~100m²

使用方法

  1. 塗料はよくかき混ぜてご使用ください。
  2. うすめるときは塗料用シンナーをご使用ください。
  はけ塗り エアレス塗り
シンナー 質量(%) シンナー 質量(%)
ネオプラマイルド 塗料用シンナー 5~10 塗料用シンナー 10~20
ルーフトン無鉛Aシリコン 15~25
ルーフトン無鉛 10~20

乾燥時間

  気温 指触乾燥 硬化乾燥 塗装間隔
ネオプラマイルド 5℃ 10分 24時間 48時間以上
20℃ 5分 8時間 24時間以上
30℃ 4分 6時間 16時間以上
ルーフトン無鉛Aシリコン 5℃ 60分 6時間 12時間以上
20℃ 20分 3時間 6時間以上
30℃ 10分 2時間 4時間以上
ルーフトン無鉛 5℃ 30分 60時間 10時間以上
20℃ 10分 15時間 4時間以上
30℃ 6分 10時間 3時間以上

常備色

画面に表示される色は実際の色とは多少異なりますので、 ご注意ください。

ネオプライマイルド 標準色

赤錆 N-6(グレー) ホワイト

ルーフトン無鉛Aシリコン 標準色

遮熱ベネチアンレッド
遮熱レベル◎◎
遮熱サンレッド
遮熱レベル◎◎
遮熱ホワイト
遮熱レベル◎◎◎◎◎
遮熱コーヒーブラック
遮熱レベル◎
遮熱コーヒーブラウン
遮熱レベル◎
遮熱グレー
遮熱レベル◎◎◎
遮熱デーブルー
遮熱レベル◎◎
遮熱ナイトブルー
遮熱レベル◎◎◎
遮熱レベル日射反射率
◎◎◎◎◎80%以上
◎◎◎◎70%~80%
◎◎◎60%~70%
◎◎50%~60%
40%~50%

ルーフトン無鉛 標準色

赤錆 レンガ さび コーヒーブラウン コーヒーブラック
新クリーム ナイトブルー デーブルー ベージュ グレー
シルバー ローヤルグリーン フレッシュグリーン    

特徴

ネオプラマイルド

  1. ターペン希釈でよく溶ける
  2. すぐれた防錆力を発揮
  3. クロムフリーに加え、鉛をカット
  4. 幅広い上塗り適正
  5. 乾燥が速く美しい仕上がり

ルーフトン無鉛Aシリコン

1. すぐれた耐候性

シリコン変性樹脂を使用しているので、耐候性 ・光沢保持性ともにすぐれ、高い耐久性を有しています。

2. 使いやすい1液型

ポットライフがないので、残塗料が無駄に残りません。

3. すぐれた作業性

塗料用シンナーに溶けるので、旧塗膜を侵すことがなく、合成調合ペイントのような刷毛さばきが得られます。

4. 環境対応型塗料

鉛顔料を一切使用しておらず、下塗りにネオプラマイルドを組み合わせることにより鉛フリー 仕様が可能です。

5. 遮熱機能を加えました
新機能

ノンカーボンにすることにより、従来からの性能・作業性はそのままに、遮熱効果が得られます。

ルーフトン無鉛

作業性がよい

はけ塗り作業性がよく、手軽に塗れます。

乾燥が速い

油性系に比べて速乾性ですから、約8時間で硬化します。

付着性にすぐれています。

塗膜は強靭で密着性にすぐれています。

用途

  1. トタン屋根用塗料

標準工法

標準塗装仕様書

工程 材料 調合
(重量比)
所要量
(kg/m²)
塗回数 塗装間隔
(hr)
素地調整 さび、劣化した旧塗膜、粉化物はサンダー、ワイヤーホイルなどで入念に取り除いたのち、全面にわたってサンドペーパー、スコッチブライト、ワイヤーブラシなどで丁寧にこすって、ごみ、汚れ、油分などを除去し清掃してください。
補修下塗り 下塗り塗料で発錆部を拾い塗りしてください。
下塗り ネオプラマイルド 100 0.12~0.16 1 4h以上
塗料用シンナー 刷毛塗り 5~10
エアレス塗り 10~20
上塗り ルーフトン無鉛 100 0.07~0.09 2 24h以上
塗料用シンナー 刷毛塗り 5~10
エアレス塗り 10~20

標準塗装仕様書 (遮熱仕様)

工程 塗料名 塗装方法 希釈材 希釈率 標準所要量
(kg/m²)
塗回数 塗装間隔
(23℃)
素地調整 さび、劣化した塗膜はサンダー、ワイヤーホイルなどで入念に取り除いたのち、全面にわたってサンドペーパー、スコッチブライト、ワイヤーブラシなどで、丁寧にこすって、ごみ、汚れ、油分などを除去し清掃してください。
補修塗り 下塗り塗料で発錆部を拾い塗りしてください。
下塗り ネオプラマイルド 白 はけ
ローラー
塗料用シンナー 5~10 0.12~0.16 1 4h以上
エアレス10~20
上塗り ルーフトン
無鉛Aシリコン遮熱
はけ
ローラー
塗料用シンナー 5~10 0.11~0.15 2 6h以上
エアレス15~25

遮熱効果を高めるため下塗りは、ネオプラマイルド白のご使用をおすすめします。

  1. 標準所要量は、個々の条件によって異なります。
  2. 標準塗付け量は、下塗り=0.09kg/rri、上塗り=0.07kg/rriです。
  3. 所要量・塗付け量の定義は、JASS18に準拠しております。

試験成績表

項目規格結果
容器の中での状態かき混ぜた時硬い塊がなく、一様となるものとする合格
塗装作業性はけ塗りで塗装作業に支障があってはならない合格
乾燥時間(h)硬化乾燥 6時間3
塗膜の外観塗膜の外観が正常であるものとする合格
鏡面光沢度(60度)80以上90
重ね塗り適合性重ね塗りに支障があってはならない合格
加熱残分(%)45以上合格
促進耐候性キセノンウエザオメーター600時間照射で膨れ 割れ はがれがなく、見本品と比べ色の変化が大きくなく、更に白亜化の等級が0又は1であり、光沢保持率が70%以上とする合格
屋外暴露耐候性1年間の試験で膨れ 割れ はがれがなく、見本品と比べ色とつやの変化が大きくなく、更に近赤外波長域の日射反射率保持率の平均が80%以上であり、白亜化の等級は3以下とする合格

*上記数値は標準のものであり、若干の変動はあります。

graph
光源:
灯光器(210W)
容器:
発泡スチロール製 黒塗り
外面縦9cm×横10cm×高さ10cm
内面縦8cm×高さ9cm
試験板:
カラー鋼板(0.25mm厚)
光源高さ:
20cm
試験時間:
10分間

上記条件にて鋼材表面温度及び容器内の雰囲気温度を測定。
鋼板表面温度で10℃~15℃の差、容器内雰囲気で5℃~10℃の差が確認できた。

chart

注意点

塗装にあたっては次のような点に注意して施工してください。

  1. 塗料は缶の底からよくかき混ぜてからご使用ください。
  2. シンナーでうすめるときは、うすめ過ぎないようにしてください。
  3. 塗り替えの第一層目の塗装は、はけで下地によく擦りこむようにしっかり塗りこんでください。
  4. はけ目は屋根の勾配の方向にそろえるように塗り上げてください。
  5. エアレス塗りの際のスプレーガンと塗装面との間隔は30㎝程度にし、離しすぎないように塗装してください。
  6. 塗装は一度に厚く塗りすぎないよう、また、塗りむらや塗り残しがないように丁寧に仕上げてください。
  7. 塗り重ねは前回の塗膜の乾燥を確認し、傷、塗膜異常、異物の付着などの部分を補修してから塗装してください。
  8. 塗装は気象条件の良い時期に施工してください。
  9. 周囲の自動車等への汚染には特に気をつけてください。
  10. ルーフトン無鉛Aシリコン、ルーフトン無鉛の2種類とも相互には混ざりませんので、混合しないでください。

取扱い及び保管上の注意

  1. 取り扱い作業場所は火気のないところで行い、屋内作業場所では局所排気装置を設けてください。
  2. 塗装中、作業中ともに換気をよくし、蒸気を吸い込まないようにしてください。
  3. 取り扱い中は、できるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて、有機ガス用防毒マスクをつけ、さらに頭巾 ・保護メガネ・えり巻きタオル・保護手袋などをしてください。
  4. 取扱い後は、手洗い及びうがいを十分に行ってください。
  5. よくフタをし、40℃以下で子どもの手の届かない一 定の場所に保管してください。
  6. 缶の持ち運びの際には、手環はグリッブ部を正しく持ち、垂直に持ち上げる様に取り扱ってください。
  7. 容器を切って使用する場合は、手を切る恐れがありますので保護手袋などを使用してください。
  8. 本来の用途以外には使用じないでください。
  9. 容器は中身を使い切ってから破棄してください。

緊急時及び応急処置

  1. 容器からこぼれた湯合には、砂などを散布した後に処理してください。また、容器などに付着した塗料はウエスなどで拭き取り、破棄してください。
  2. 皮膚に付着した場合は、多量の石けん水で洗い落とし、痛みや外観に変化のあるときは医師の診察を受けてください。
  3. 蒸気・ガスなどを吸い込んで気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じて医師の診察を受けてください。
  4. 目に入った場合は、多量の水で洗い、また誤って飲み込んだ場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
  5. 火災には、炭酸ガス ・泡・粉末消火器を用いてください。

廃棄上の注意

  1. 廃塗料・塗料カス ・廃溶剤・容器などの廃棄物は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」などの定めに準じた処理業者に委託してください。

関連商品

備考