Paint E-Shop
close
便利menu

防水材【フローンフィラ】

TOP >> 防水材 >> フローンフィラ

フローンフィラ

種類:エポキシエマルション下地調整剤

社名:東日本塗料東日本塗料

商品名 容量 数量 単位 価格  
フローンフィラ コテ用 15kgセットペール缶 - ¥11,494
フローンフィラ ローラー用 12.5kgセットペール缶 - ¥12,214

※価格は税込価格になります。

仕様

商品名 容量 kg/m² 塗装面積 上塗可能時間(hr)
(23℃)
主剤 パウダー 硬化剤
フローンフィラ コテ用 4㎏ 10㎏ 1㎏ 0.6~2 1回塗りで25~7.5m² 24~48
フローンフィラ ローラー用 4㎏ 7.5㎏ 1㎏ 0.4~0.6 2回塗りで15.6~10.4m² 24~48

フローンフィラー(コテ用・ローラー用)上塗り適性

製品名 フローン#11
フローン#35・#36
フローン#12
フローンフルトップ
フローン22
フローン50・55
ソルエポ90
フローンEPU
AUコート
ハイフローン
フローンフィラー コテ用 × ×
フローンフィラー ローラー用

可使時間と上塗可能時間

  可使時間 上塗可能時間
温度
5℃ 70分 48時間
23℃ 50分 24時間
30℃ 20分 12時間

特徴

コテ用

  1. タール系、ピッチ系の下地処理に優れています。
  2. 旧塗膜に対する密着性に優れています。

ローラー用

  1. 特殊骨材の配合で、レベリング性を向上、ローラー施工の作業性に優れています。
  2. 旧塗膜に対する密着性に優れています。

用途

コテ用

  1. 防水シート層、除去後の下地調整。
  2. Pタイルなどの貼り床材、除去後の下地調整。
  3. コンクリート、モルタルの素地調整、不陸調整。

ローラー用

  1. 塗り替え時の旧塗膜の下地調整。
  2. コンクリート、モルタルの素地調整、不陸調整。

標準工法

コテ用

工法名 工程 材料名 使用量
(㎏/m²)
上塗可能時間 備考
FE-F1工法
フローンフィラ FE-F1工法
1 フローンフィラー
コテ用
0.8~1.2 24~48 主剤:パウダー:硬化剤=4:10:1(重量比)の割合で計量、混合、撹拌後、コテにて塗装して下さい。
2 フローンプライマーH 0.15
2~24 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、撹拌したプライマーHを1に対し、フローンパウダーを1(重量比)の割合で計量、混合、撹拌後、中毛ローラーにて塗装して下さい。
フローンパウダー 0.15
3 フローン55 1.5 A液:B液=9:1(重量比)の割合で計量、混合撹拌後、コテにて塗布して下さい。

ローラー用

工法名 工程 材料名 使用量
(㎏/m²)
上塗可能時間 備考
SE-Fコーティング工法
フローンフィラ SE-Fコーティング工法
1 フローンフィラー
ローラー用
0.4~0.6 24~48 主剤:パウダー:硬化剤=4:7.5:1(重量比)の割合で計量、混合、撹拌後、5%の水道水で希釈撹拌し中毛ローラーにて塗装して下さい。
2 ソルエポ90 0.15
5~24 A液:B液=5:1(重量比)の割合で計量、混合、撹拌後、ソルエポシンナーで20~30%希釈し、中毛ローラーにて塗装して下さい。
ソルエポシンナー 0.15
3 ソルエポ90 0.15
ソルエポシンナー 0.05

注意点

使用上のご注意

1 ペール缶のフタを開け、主剤と硬化剤の缶を取り出して下さい。 フローンフィラ
2 ペール缶のパウダーを皮スキなどで底から良くかきまぜ、均一にして下さい。
3 パウダーに主剤と硬化剤を加え、ハンドミキサーで3分間充分に混合、撹拌して下さい。

保管上のご注意

消防法、労働安全法、その他に基づき、充分な管理をお願いします。

関連商品

備考