Paint E-Shop
close
便利menu

外壁クリヤー塗料【プレミアムUVクリヤーF】

TOP >> 外壁クリヤー塗料 >> プレミアムUVクリヤーF

プレミアムUVクリヤーF

種類:超低汚染弱溶剤形特殊ふっ素樹脂クリヤー塗料

社名:エスケー化研株式会社エスケー化研株式会社

商品名 容量 数量 単位 価格  
上塗材 プレミアムUVクリヤーF
(超低汚染弱溶剤形特殊ふっ素樹脂クリヤー塗料 )
艶有 15K セット ¥39,722
3.6K セット ¥18,537
3分艶 15K セット ¥41,148
3.6K セット ¥19,352

※価格は税込価格になります。

仕様

商品名 容量 所要量
(kg/m²)
塗装面積 間隔時間(hr)
(20℃)
工程内 工程間 最終養生
上塗材 プレミアムUVクリヤーF
(艶有り・3分艶)
15kg 主剤:12.5kg 0.20~0.24 2回塗りで62~75m² 3以上
7日以内
- 24h以上
硬化剤:2.5kg
プレミアムUVクリヤーF
(艶有り・3分艶)
3.6kg 主剤:3kg 0.20~0.24 2回塗りで15~18m² 3以上
7日以内
- 24h以上
硬化剤:0.6kg

特徴

説明図

高意匠性サイディングボードも半永久的ではありません。UV(紫外線)から大切な外壁を護る必要があります。

紫外線などの劣化要因から外壁を護る高機能性クリヤー塗料

サイディングボードの表面も塗装が施されているため、紫外線・熱・雨により劣化してしまいます。
さらにそのまま放置しておくと、パネル本体に変形や伸縮など深刻なダメージを受けてしまいます。

説明図

プレミアムUVクリヤーFは、超耐候性・超低汚染性に優れたクリヤートップコートのため、高意匠性サイディングの意匠を活かしたまま、新築時のような綺麗な仕上がりを蘇らせるリフォームが実現できます。

→単色塗料で塗りつぶすと、せっかくの高意匠が台無しに。

説明図
伸縮
表面保護のための塗材を劣化したまま放置しておくと、劣化部分より雨水がパネル内部に侵入し、木片や繊維質材料を膨潤させ、乾式パネルの伸縮を促進させます。
説明図
変形
乾式パネルの伸縮が繰り返されると、次第にパネルは変形(反り)し、修復できない状態になり、深刻なダメージを受けてしまいます。

※こうなるとクリヤーでの塗り替えはできなくなります。

超超耐候性

ふっ素樹脂の有する超耐候性に加えて、紫外線吸収効果、光酸化抑制効果のトリプルガード効果により、長期に亘りサイディングを保護します。

トリプルガード効果
①ふっ素樹脂
内部に結合エネルギーの高いC-F結合があるため、紫外線などに対して優れた抵抗性を示します。
➁紫外線吸収効果
特殊設計により、紫外線をカットし、サイディングの保護効果を高めます。
③光酸化抑制効果
光酸化による塗膜劣化を抑制します。また、光安定効果を示す塗膜は優れた耐候性を示します。
説明図
超耐候性のメカニズム
説明図
紫外線により、塗膜が劣化、サイディング本体にも影響を及ぼしてしまいます。
紫外線吸収、光酸化抑制効果を持つふっ素樹脂の強靭な塗膜が劣化を防ぎます。
紫外線カット機能
説明図

プレミアムUVクリヤーFは、汎用クリヤーと比較して紫外線を効率よく カットするため、紫外線劣化から基材の塗装表面の劣化を抑制します。

超低汚染性

特殊セラミック成分を複合することにより塗膜表面が親水性になるため、雨による洗浄作用が働きます。そのため、長期に亘って優れた低汚染性を示します。

説明図

防かび・防藻性

特殊設計により、かびや藻等の微生物汚染に対して強い抵抗性を示し、長期に亘り衛生的な環境を維持します。

仕上がり性

光沢・肉持ちのある塗膜は、サイディングを保護するとともに、綺麗なサイディングによみがえられます。

用途

高意匠性サイディングの塗り替えなどに最適な塗料です。
(光触媒の表面コーティングが塗装されているサイディング板には適用できません。)

標準工法

艶有り仕上げ
工程 材料 調合
(重量比)
所要量
(kg/m²)
塗回数 間隔時間(hr)
(20℃、65%RH)
備考
工程内 工程間 最終養生
下地調整 ・高意匠性サイディングの基材表面の汚染が著しい場合は、SKクリーナースーパーにて洗浄を行ってください。
・洗浄後は十分に乾燥期間をとってください。(夏期:1日以上、冬期:3日以上)
上塗り
※1
プレミアムUVクリヤーF主剤 100 0.20~0.24 2 3以上
7日以内
- 24以上 ウールローラー刷毛、スプレーガン
プレミアムUVクリヤーF硬化剤 20
塗料用シンナーA 0~10 -
3分艶仕上げ
工程 材料 調合
(重量比)
所要量
(kg/m²)
塗回数 間隔時間(hr)
(20℃、65%RH)
備考
工程内 工程間 最終養生
下地調整 ・高意匠性サイディングの基材表面の汚染が著しい場合は、SKクリーナースーパーにて洗浄を行ってください。
・洗浄後は十分に乾燥期間をとってください。(夏期:1日以上、冬期:3日以上)
上塗り
※1
プレミアムUVクリヤーF3分艶主剤 100 0.20~0.24 2 3以上
7日以内
- 24以上 ウールローラー刷毛、スプレーガン
プレミアムUVクリヤーF硬化剤 20
塗料用シンナーA 0~10 -

注意点

施工上の注意事項

  1. 光触媒の表面コーティングが塗装されているサイディング板には適用できません。
  2. 洗浄はむらなく均一に行ってください。極端にきれいな部分等があれば、仕上げ後のむらに繋がりますので、ご注意ください。
  3. 塗料用シンナーAでの希釈率は、主剤100に対して、スプレー塗り時で「5~10」、刷毛・ローラー塗り時で「0~5」となります。
  4. 材料の希釈には必ず塗料用シンナーAを使用し、他の材料の仕様は避けてください。なお、塗料用シンナーAで希釈する製品については、塗料用シンナーAの他、塗料用シンナーXもご使用いただけます。
  5. 希釈しずきますと光沢に影響を与えますので、シンナー希釈率及び所要量を厳守してください。
  6. 希釈率は、試験塗りなどにより決定し、それ以降は同一の希釈率にて使用してください。なお、希釈率は施工時の気温により変化することがありますのでご了承ください。
  7. 上塗材は、主剤と硬化剤を指定の比率で調合し、電動ミキサーなどで十分に攪拌混合してご使用ください。
    主剤と硬化剤の混合比率が不適切であったり、他の材料と混合したり、硬化剤を投入しなかった場合は、低汚染性が発揮されませんので、必ずこれを厳守して下さい。
    また、材料調合後は、缶に表示されている可使用時間内(5時間以内、23℃)に使い切るようにして下さい。
    なお、塗料の温度は保管場所により大きく影響を受けますのでご注意下さい。
  8. 経年劣化したサイディング板への塗装は、表面劣化部から剥離する場合があります。試験施工を行って付着性を確認してください。
  9. 施工部位により、低汚染性が十分に発揮されないケースがあります。
    特に、傾斜壁の下端部、笠木などの水切りのない部位、窓廻りで水切りが不十分な場合、汚れが溜まりやすい目地の下部、雨がかからない部位などはは、注意が必要です。
  10. 施行当日に降雨、降雪、結露が予想される場合は、施工を中止してください。また、気象の急変などにより、施行中、施工後に降雨が生じた場合は、シート養生などを行い、塗装面に直接雨がかからないようにしてください。
  11. 上塗材はむらなく均一に塗付して下さい。低汚染機能を発揮するためには、塗付量の確保が重要な事項です。特に凹部に塗り残しができないよう、注意して下さい。
    また、タッチアップに使用する上塗材の主剤、硬化剤は予め良く振り、沈降分離していないものを必ず計量器を用いて計量し、電動ミキサーなどで十分に攪拌(2分以上)したものを使用し、製品容器に記載の可使用時間以内に使い切るようにして下さい。
  12. 上塗材は、所定の乾燥時間(最終養生時間)を厳守して下さい。
    施工後、塗膜が乾燥するまでの時間内に降雨などりより、塗膜表面が長時間、水分がかかった状態になりますと、所定の低汚染機能が発揮されない場合があります。
    低汚染機能は乾燥後の塗膜で発揮されるため、乾燥過程で降雨が予想される場合は、シート養生を行うなどして、塗膜表面に雨が当たらないよう、所定の乾燥時間を厳守して下さい。
  13. 鉄さび・シーリング材などが原因の汚染物質に対しては、低汚染性が十分に発揮されません。各シーリング材は可塑剤(油分)を含まないノンブリードシーリングをご使用ください。
  14. 防かび、防藻性は繁殖の抑制の効果を示すものです。施工部位の構造や形状、環境条件などにより、防かび、防藻性が十分に発揮されない場合があります。
  15. かび、藻が付着している場合は、「SKKカビ除去剤#5(塩素系)」にて拭き取るなど、適切な下地処理をしてから塗装してください。
  16. 所要量は被塗物の形状、素地の状態、塗装方法、気象条件、希釈率等の各種条件により増減します。
  17. 塗り重ね時間は環境(温度、湿度、換気、風通しやすさ)や膜厚によって変わります。
  18. 低温又は高温多湿時には、乾燥が遅くなりますのでご注意ください。
  19. シーリング材の上にプレミアムUVクリヤーFを直接塗装した場合、塗膜の密着不良やひび割れの原因となることがあります。
    シーリング材は原則として、後打ちにて施工して下さい。その際、水性系プライマーは使用できません。溶剤系プライマーをご使用ください。
  20. 陶磁器タイル洗浄用の酸が塗装面に付着すると、変色や溶解などの異常を生じることがありますので、これを防止するため、予め塗装面の養生を行って下さい。
  21. ゴムやプラスチック等、可塑剤を含む部位に直接触れると軟化や剥離を生じることがありますので、そのような場所への塗装は避けて下さい。また、これらの部材に塗膜が直接触れることがないようにご注意ください。
  22. 塗膜の膨れ、剥がれ、白化、しみの発生につながる場合がありますので、著しく結露が生じるような場所での使用は避けて下さい。
  23. 最終養生の時間内に、降雨、結露などがあれば、塗膜の膨れ、はく離、白化の発生、艶引けにつながる場合がありますので、塗装を避けるか強制換気などで表面の水分を除去して下さい。
  24. 強風時、または降雨、降雪のおそれがある場合、気温5℃以下、湿度85%以上での施工は原則的に避けて下さい。
    気温5℃以下で施工が要求される場合は、採暖及び採暖のための養生により、雰囲気温度、被塗面温度を5℃以上にして下さい。
  25. 性能に支障をきたす可能性がありますので、当社指定以外の材料を混ぜないでください。

危険情報と安全対策

製品の取扱いは、それぞれの安全データシート(SDS)に従ってください。特に印のついている製品はすべて溶剤形のため、下記の点に注意ください。

  1. 引火性の液体のため、火気厳禁です。
  2. 有機溶剤中毒の恐れがあるため、換気に注意し、防毒マスクまたは送気マスクを使用するなどの安全対策を行って下さい。
  3. 施工においては、溶剤成分が室内に流入しないように十分注意して下さい。

※屋内作業等、使用環境によっては、特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則等の規制を受ける場合があります。詳しくは別途施工仕様書等をご確認ください。

施工後の注意

本製品には揮発性の化学物質が含まれております。塗装直後の引渡し等において、化学物質過敏症やアレルギー体質の方への安全対策に十分留意してください。

関連商品

備考

エスケー化研株式会社:https://www.sk-kaken.co.jp

PDF:エスケー プレミアムUVクリヤーF PDFカタログ