Paint E-Shop
close
便利menu

木目を生かす木部塗料【Aqurex(アクレックス)ネオステイン】

TOP >> 木目を生かす木部塗料 >> Aqurex(アクレックス)ネオステイン

Aqurex(アクレックス)ネオステイン

種類:環境対応型 水系顔料着色剤

社名:和信化学工業株式会社和信化学工業株式会社

商品名 容量 数量 単位 価格  
上塗材 Aqurexネオステイン#3900 水系顔料着色剤
(F☆☆☆☆)
3.5kg ¥5,850
14kg ¥19,250

※価格は税込価格になります。

仕様

商品名 容量 kg/m²/回 塗装面積 備考
Aqurex(アクレックス)ネオステイン 3.5kg 0.05kg×2回 2回塗りで35m² ハケを使用
14kg 0.05kg×2回 2回塗りで140m² ハケを使用

常備色

画面に表示される色は実際の色とは多少異なりますので、 ご注意ください。

N-12 ホワイト
ネオステイン ホワイト
N-13 ナチュラル
ネオステイン ナチュラル
N-8 メープル
ネオステイン メープル
N-3 チーク
ネオステイン チーク
N-2 オレンジ
ネオステイン オレンジ
N-9 オーク
ネオステイン オーク
N-4 マホガニー
ネオステイン マホガニー
N-10 ブラウン
ネオステイン ブラウン
N-5 チョコレート
ネオステイン チョコレート
N-7 オリーブ
ネオステイン オリーブ
N-6 グリーン
ネオステイン グリーン
N-1 ブラック
ネオステイン ブラック
N-14 レッド
ネオステイン レッド
N-15 エロー
ネオステイン エロー
N-16 ブルー
ネオステイン ブルー
N-11 クリヤー
ネオステイン クリヤー
       

優れた環境性能

VOCとは揮発性有機化合物の事です。
塗料においては各種溶剤成分は該当します。
VOCはシックハウス症候群の主な原因物質と言われ人体に対しても悪影響を及ぼします。
ネオステインはVOC含有量が1%未満なので従来の水系塗料よりもさらに安全です。また、塗膜性能および作業性も溶剤系ステインと同等です。

性能表示

                   T-VOC含有量(%)表

T-VOC含有量表

特徴

  • T-VOC1%未満の水系タイプ!さらに安全・安心!
  • 溶剤系に匹敵する作業性と塗膜性能
  • 導管の深い材へも色抜けなく着色可能
  • 透明性が高く鮮明でオイルフィニッシュ風の仕上がり
  • 塗膜は食品衛生法に適合

用途

手摺り・内壁・内装ドア・ドア枠・廻り縁・巾木・腰壁・収納扉などあらゆるインテリア木部の着色に最適です。
また、床、階段、カウンターなどの水系クリヤー素地着色にも最適です。

標準工法

■塗装工程 (ステインしっとりオイルフィニッシュ仕上げ)

工程 使用塗料 塗布量 乾燥時間 備考
①素地調整 #150サンドペーパーにて研磨
②着色1回目 アクレックス№3900ネオステイン(各色)を塗布 50g/m² 3~4時間/20℃ ハケを使用
③着色2回目 アクレックス№3900ネオステイン(1回目と同色)を塗布 50g/m² 一晩養生 ハケを使用

※耐久性を重視した「着色クリヤー仕上げ」にする場合は、上記、着色2回の上にアクレックス木部用ウレタンシリーズを数回上塗りして下さい。
※本品は、アクレックス№3050ステインフレッシュとは混合できません。

■着色クリヤー塗装工程例 (耐久性重視塗膜仕上げ)

工程 使用塗料 塗布量 乾燥時間 備考
①素地調整 #150サンドペーパーにて研磨
②素地着色 アクレックス№3900ネオステイン(各色)を塗布 50g/m² 3~4時間/20℃ ハケを使用
③素地着色 アクレックス№3900ネオステイン(1回目と同色)を塗布 50g/m² 4時間以上/20℃ ハケを使用
④中塗り アクレックス№3400木部用ウレタン(各ツヤ)を塗布 80-100g/m² 3~4時間/20℃ ハケを使用
⑤研磨 #320サンドペーパーにて研磨
⑥上塗り アクレックス№3400木部用ウレタン(各ツヤ)を塗布 80-100g/m² 一晩養生 ハケを使用

注意点

■塗装アドバイス

  1. きれいな仕上がりには素地調整が必要です。
  2. 木材種類によって発色が変わります。同じ種類でも吸い込み方で発色が変わります。また、木材の状態によって塗布量が変わりますので必ず試し塗りをして下さい。
  3. 塗装工程例の乾燥時間は目安であり気温、湿度により大幅に変化する場合があります。また、5℃以下や多湿時での塗装は硬化不良や仕上がり塗膜性能を損なう場合がありますので御注意下さい。

■お取扱アドバイス

  1. 使用前に容器をよく振って中身を均一にして下さい。
  2. 原則として原液でお使い下さい。色を薄くしたい場合には、N-11クリヤーで希釈して下さい。
  3. ハケ、コテ刷毛などをお使い下さい。
  4. 使用後の用具は石鹸水で良く洗いゆすいで下さい。
  5. 必要に応じて個人用保護具(保護手袋、保護眼鏡およびマスクなど)を着用して下さい。
  6. 塗料が皮膚についた時は石鹸水で洗って下さい。
  7. 取扱い中は塗料ができるだけ皮膚に触れないようにし、保護手袋・保護メガメ等を着用して下さい。
  8. 塗料が皮膚についた時は、セッケン水で洗って下さい。
  9. 誤って飲み込んだり、目に入った場合には直ちに水で注意深く洗い医師の診察、手当てを受けて下さい。
  10. 取扱い後は、手洗い及びうがいを充分に行って下さい。
  11. 密栓し、子供の手の届かない場所を定めて換気の良い冷所で保管して下さい。
  12. 気温0℃では凍結する恐れがあります。
  13. 残塗料、廃液は下水・河川などに捨てず、中身を使いきってから廃棄して下さい。また、空容器は他の用途に使用しないで下さい。

関連商品

備考